スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.03.10(土)

佰玖捌 作曲とは?

はい。

久しぶりの更新です。

更新しない理由があった訳じゃないのですが、なんとなく、面倒くさくなっていたというだけの話です。
加えて言えば、書くようなことも出来事もなかったというのもありますね。

作曲をする、などと言ってみたところで曲がひとりでに出来上がるということもないわけで、なにかしらの行動をしなければならないんですよね。
では僕はその何かしらの行動をとったのかと言われれば、とったとも言えるし、とってないとも言える。

というのは、作曲ってなんだ?っていう話から始まるんですよね。
改めて「作曲するぞ」なんて言わなくたって、日常的に作ってる人は数えきれないほどいるわけだし、そしてそれが日の目をみることのないまま消えてゆくことだってあります。
こうしてネットが発達したからこそ動画配信サイトで積極的に展開されて、いまや一カテゴリにもなっているDTMは、元々は同族の間でしか知られない、というより発信する場が無かったジャンルです。

まずおそらく普通の人はDTMの存在を知らないし、世にあるポピュラーミュージックがDTMの延長上にあることも知らない。
それはDTMの歴史が浅いことと、DTMそのものは表には決して現れることがないのだから当然です。

長らく音楽は楽器を演奏することで作られてきたし、それは今もそうです。
でも少し前からは、そこにコンピュータによる加工等が含まれて、製品としての形をなしているのも事実。
今やマスタリング技術無しには、音楽は製品として発信されません。

とまぁそれはいいとして、では作曲とは何か?
作曲とは文字通り、曲を作ること。それは分かる。

じゃあどこからが作曲なのか?
僕は「初作曲するぞ」と宣言したのは良いけれど、テキトーに作った物体でも作曲といっていいのなら、作曲をしたことがあるわけです。
その曲は某ラジオのBGMに使われていますが、MIDIで3時間くらいで作った曲です。

その他にもアイキャッチとかOPとかEDとかも提供させていただきました。
でもそれは作曲といえるのか?
その音源が曲と言えないような短時間で終わるというのであれば、それは曲ではないのでしょう。

曲とは、「構成があること」。
つまりはそういうことなのでしょうか。
イントロ、メロ、サビ、等々、そういう要素を繋げて、一つの作品として創り上げること。

そういうことなのでしょう。
そうなのであれば、僕は作曲をしたことがないことになります。
先に書いたようなBGMは、構成という構成もあったわけではないですから。

では構成がなければ曲とはいえないか?
というと、そうとは言い切れません。
単調な曲というのも少なからずあるし、それはそれで成立しています。

音楽というのは非常に膨大で、それこそ古今東西数えきれないだけの曲があります。
それを明確にジャンル分け出来る筈もなく、大まかに分類するとしても、それは他の大まかな分類と重複するものです。
特に幅の広い「ロック」「ポップ」などという分類は、分類していないのと同じですね。
つまり、「ロック」や「ポップ」というのは、「少なくともそれらと正反対のジャンル(雅楽やクラシック)ではない」というだけの方向を示しているだけなんですね。



というわけで、結局僕は作曲しているのかしていないのか、といえばしていないことになります。
ワンフレーズを弾いて録音して満足しているだけです。

そこから広げれられればいいのですが。




ではまた。



.
関連記事
スレッドテーマ:楽器・機材 ジャンル:趣味・実用
│posted at 22:00:58│ コメント: 0件トラックバック: 0件
>>コメント:
>>コメント:を書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
>>トラックバック:
●この記事へのトラックバック URL

●この記事へのリンクtag
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。