スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.03.05(月)

佰玖伍 意欲と感化

はい。

本日も何もしませんでした。
平日にはこれほど休日が待ち遠しいのに、実際には何もしない。
結局のところ、休日が待ち遠しいのではなくて、平日が嫌なだけなのだな。

しかし毎日が休日というのは、良いものとは言えない。
金はいらないが、金は失くなるものだ。

満たされているのか、そうでないのか分からなくなってきますね。
そう思う時点で、満たされているのでしょう。
そして自分もそう思う。

いや、満たされていることに満たされていないとも言える。
現状に満足しては、向上はない。
向上しないことには満たされない。

自分が何をしたいのか。何をすべきなのか。
頭のどこかでは分かっている。
でも大凡の自分自身としては理解できていない。

本日は一日、何もしなかった。
何もしていないと分かっていながら、何かしようとしなかった。
要は、それが嫌なんだな。

創作意欲というものはとても重要なものだ。
しかし、創作意欲だけじゃ創作は出来ない。

創作する前に、やってきたことの積み重ねこそが大切なのであって、それがなければ何も出来ない。
もちろんそれらは相互の関係で、どちらかが欠けても創作は出来ない。
そして楽しむことを忘れては意味がない。

大半の創作には意味がない。
それでカネを稼ぐわけでもなければ、それが誰かの役に立つわけでもない。
ではそれだけの労力の意味とは?

それはやっぱり楽しむことに尽きると思う。
意欲と、経験と、娯楽。

それらは相互の関係で、相乗の関係なのだと思う。
きっかけは何か?

それら3つが、すべて同時にやってくることは殆ど無い。
ならば何から始めるべきか。

きっかけは、感化。
意欲は「コレをしたい」ということ。
いわば企画であり行動であり、経験と娯楽が活かされる。

感化とは「コレをやってみたい」ということ。
つまり起爆剤であり、実際には行動するわけじゃないが、創作意欲に繋がるもの。
感化でなく触発でも閃きでも良いし、模倣だって構わない。

「意欲」「経験」「娯楽」という三つ巴ループに乗るための、カタパルトのようなモノなのかも知れない。

いまこそ感化を!
けれども感化は、施さず、施されず、施せない。

感化されるのは自分だが、感化するのも自分なのだ。
能動的に、受動的に。

感化される。




ではまた。



.
関連記事
スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 00:34:32│ コメント: 0件トラックバック: 0件
>>コメント:
>>コメント:を書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
>>トラックバック:
●この記事へのトラックバック URL

●この記事へのリンクtag
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。