スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.02.21(火)

佰捌伍 続・NAS

はい。

NASは使えるようになりましたが、当初の目的である「Androidからの利用」が出来ておりません。

前回の記事のおさらいをしますと、NASを買って共有は出来たがAndroidからは認識できない。

DocomoSH-01DでAndroid2.3。
使用ルーターはBaffalo WHR-G301N。
PCはWin7とWinXPを用意。あとPS3。

SMBサーバの設定はデフォで許可なので問題なし。
実際に、PCからは認識されるし共有も出来る。
Win7は有線LAN、WinXPは無線LANで試してみるが、両方共同じように問題なし。

ただし無線LANで通信しているAndroidからは一切認識しない。
LANルーターからは、すべての機器が認識されているのを確認。
直接NASのIPを指定しても不可。FTPも不可。


もうこれはAndroidからは使用できないと思ったほうが良いのだろうか。
いやしかしSMBサーバーとしてWindowsから参照できているし、同じくSMBサーバのWindows各機はAndroidから参照できる。
無線LANが不可かと思いきやWi-FiのWinXPからも余裕で認識。

ネットワーク探索がされない状態、ということだろうか?
しかし、Androidが認識していないわけではない。

Android MarketにあるFingというアプリは、LAN内の機器をサーチしてくれる。
Fingを使用してLANをサーチしてみたら、各PC、PS3、ルーター本体と、NASも認識された。

使用しているファイラーはESファイルマネージャやFile Expert等のネットワークやLAN機能を持ったもので試すも不可。
ただしファイラーの動作を見るかぎりでは、IP検索時にWindowsPC各機のIPは読みこむが、NASのIPはスルーする。

LANとして認識されている以上、ここで表示されなければならないのだが。
とはいっても僕は素人なので、何か設定が誤っているのかも知れない。
おそらくその可能性が高いのだが、正直もうお手上げなのでWindowsのストレージとして利用するしか無いようだ。

といってもメインPCさえあれば他に何も使ってないので(サブ機は検証用にしか出番がない)、結局このNASはAndroid+Wi-fiで使えないなら買った意味もないか。

まぁ実験用の捨て駒だったし、HDDは使ってないのを再利用したので特に痛くもない。
HDDケースとしてはBaffaloの元のケースより静音性に優れる。BaffaloのHDDケースは共振してウルサイ。


うむ。

こういったマイナーな物を買っても、ネット上に殆ど何も情報が無いのが困りもの。
その点Baffalo製といったNASは情報がゴロゴロ転がってるのが強みでもあり、その分の差額といっても過言ではない気さえする。
どちらにしても、元から電話サポートなんかは宛てになどしてないのだから。


うん。


ではまた。




関連記事
スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 22:29:07│ コメント: 0件トラックバック: 0件
>>コメント:
>>コメント:を書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
>>トラックバック:
●この記事へのトラックバック URL

●この記事へのリンクtag
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。