スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.01.14(土)

佰伍陸 エネルギー

はい。

気が付けば23時半。うそでしょ。
まだ21時半くらいっていうんなら分かるけど、23時半は嘘。
完全に時間が飛びました。

19時くらいから記憶が無い。
いや、ずっと絵を描いていたのですが、それにしたって熱中しすぎじゃないですか。
そして進まない。

他にすることもないし、こうやって時間を消費するのはやぶさかではないのですが、熱中するというのが良くないですね。
楽しいから熱中するというのは仕方ないのですが、その後です。

今描いてる絵が完成したら、きっと燃えつきると思うんです。
大体僕のパターンとして、描いてる最中は物凄く熱中して、完成したらもう何にもしたくなくなる。
そしてそれは絵だけじゃなく、なんでもそうなんですね。

何かが終わると、何もしたくなくなる。
それは一般的な充足感のような、満足したからこその達成感と同じといえば同じなのです。

しかしその達成感と同時に、虚無感も訪れる。
熱中すればするほど達成感は強く、そして虚無感も強いんですよね。
虚無感がすぐに消えてくれればよいのですが、そのあと何日も何週間も、絵に限らず何もしたくなくなる。

実際、ここのところずっと何にもやる気が無かったです。
2,3か月くらいずっとです。その間特になにもしなかったなあ。
それって寧ろ絵とか描かない方が良いんじゃね?とか思ったりしますけどね。
熱中しすぎるのがまずいんですよね。
とはいえ、楽しいと熱中してしまう性格。

一言でいえば、熱しやすく冷めやすいんですね。
そして一度冷めると熱するだけのエネルギーが無い。

昔からそうですよ。
こう、コンスタントに長く楽しむということが出来ないのです。

ギターとかも長く続けているだけで珍しいのですが、それでも弾きたいと思わない時期もかなりある。
楽しいと思える時期は弾きたい。
そうじゃない時期は弾きたくない。
ベースだって同じで、もうずっと触ってませんね。

「楽しい時に、楽しい事を」

というのがモットーでもあります。
楽しくないのにやったって、何の意味もないですからね。
趣味ですから。
楽しめない時期だってあったって良いし、触れない時期があっても良い。

それが順繰りで回せれば良いのですが、なかなかそうはいかず。
絵が駄目ならギター、ギターが駄目ならベース、といった具合に。
熱しやすく冷めやすい、というのは、一つの物事に対してではなくて全てなのです。

だから、ギターが駄目なら絵もベースもバイクも、なにもしたくないということになるんですね。
冷めたやる気をまた熱くエネルギーがあれば良いのですが。

いや、そのエネルギーがあるかどうかは分かりません。
時間だけが解決してくれるのかもしれません。

しかし、その時間を短縮するサプリみたいなものがあれば素晴らしいと思います。
人によっては自分で見つけて処方しているのだと思います。

やる気が出たとき、何をすれば出るのか。
それは個々人で大いに異なることだと思います。

僕の中で、それが何か分かればとても自分に役立つと思うのですが。
これからは注意してゆこうと思います。



ではまた。
関連記事
スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 23:58:02│ コメント: 0件トラックバック: 0件
>>コメント:
>>コメント:を書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
>>トラックバック:
●この記事へのトラックバック URL

●この記事へのリンクtag
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。