スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.11.27(日)

佰廿陸 夢だとしても

はい。

気が付けばこんな時間。

昨日遅くまでゲームやってたら深夜3時だったのです。

おかげで寝すぎましたよね。

まぁ予定もなかったし、久しぶりに夢をみて(覚えてないけど)ちょっと気分が良いです。


夢はここんとこずっと見てませんねぇ。

忙しいという訳でもないし、睡眠時間が減ったわけでもないし。

睡眠中、人は短くても夢を見ているのだそうです。

ただ単純に見たことを覚えていないのだとか。

それを覚えてなくても「見た」ということは覚えてるもので、逆にだからこそモドカシイんですよね。


最近の夢は、バイトを普通に定時までやってる夢とか、なんかそういうのばっかり。

気が休まらないどころかストレスたまりますよ。

ほんとに最近ずっとそんなんばっかですよ。

でも今日のはなんか心地良かったなあ。

乳白色の霧の中、海辺の道を走ってるような夢。

他にも2本くらい見て、どれも異なる良い気分でしたね。

毎日こんな夢だったらいいのに、と思うけど、平日でそれだと起きれないですね。

あの微睡(まどろみ)のなかじゃないと見れないのでしょう。


夢の中で、「コレは夢だ」と意識して自分で行動できる夢を「明晰夢」といいます。

僕は生涯一度も明晰夢を見たことがありません。

そして、僕は悪夢を見ることの方が多いんです。

嫌な事やトラウマは、良い事よりも印象が強いですからね。

それは多くの人がそうなのではないでしょうか。


僕は「追われる夢」というのが多いですね。

しかも、逃げ切れない。 かといって捕まるわけでもないのです。

そして恐ろしい。非常に恐ろしい。


そういう夢が多くて、そんな夢をみたら汗だくになって飛び起きます。

僕の脳はなにがしたいんだと。自分を苦しめてるだけじゃないですか。

でもこれをちょっと自己分析してみたのです。


僕は体力がない。筋力もない。

よって、運動が出来ない。

昔からそうで、一時期はとある競技でもいい線行ったけれど、今じゃ見る影もない。

自分でも大いに理解してるし、これほどまでに虚弱だと、日常生活に支障をきたすレベルだとも思う。

日常生活とは、想定した範囲での行動。

しかし、想定外の行動をとらなければならない事態は、往々にして起こるもので、それは避けられない。

飛行機の時間に間に合わなくて走る。ちょっと重いものを運ぶ。階段を連続で上り下りする。

そういったちょっとしたことでも、普段はまったくやらない為に、僕にとっては非日常。

そして、1分と持続しないことも分かる。


要は、そういった「追われる夢」は、警鐘を鳴らしているのだと思うのです。

僕に体力があれば、余裕で逃げ切れる。

僕に力があれば、迎え撃って撃退できる。

そしてそれは現実世界でも同じ。


たとえば道端に棒切れ落ちてたとして、それで何かを殴るとする。

でも僕は力が無いから殴っても効果が無いし、手慣れてないから自分の腕を痛める。

力の無さを補うための武器というものは、使うのにすら力が要るのです。

本当に力のない者は武器を扱えない。たとえ銃ですら。


ということ。

たぶん間違ってないと思うのですが。



明晰夢は、すべてが意のままです。

「追われる夢」も、行動は全て自分で決められます。

しかし明晰夢とは違う。

第一に、夢だと認識できない。

第二に、自分の思った通りにならない。

思ったとおりの行動をしても、思った通りの結果にならないのでは明晰夢ではありませんね。


明晰夢というものを見てみたいなあ、とは思うものの。

でも夢の中でもヘタレすぎて、きっと無難な事しかできないんだろうなあ、とあきらめの境地。

だって夢だってわかってたら、やりたいことやるでしょ?

あんなことやこんなことしたり、アレをソレしたり、ここをこうしたり。

主にeroticismな方向で。

あるいはグランドセフトオート的な方向で。

だって夢なんだもん。誰にも迷惑かからないし、自分だけは超得するし。


でも僕はやらないんだろうなあ。出来ないんだろうなあ。

夢だと分かって、じゃあアレしよう(エロ方向で)と思い立っても、「もし夢じゃなかったら社会的に死ぬ」とか考えて、結局やらないんですよ。

ヘタレすぎて嫌になります。

はいはいDTDT。


明晰夢自体は、訓練すれば見れるらしいのですが。

そもそも現時点で2週間に1度くらいしか夢をみてないという現実。

夢を見れるだけでありがたいですね。


ではまた。

関連記事
スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 23:58:54│ コメント: 0件トラックバック: 0件
>>コメント:
>>コメント:を書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
>>トラックバック:
●この記事へのトラックバック URL

●この記事へのリンクtag
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。