スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.11.15(火)

佰拾玖 好きの反対は無関心

はい。

火曜日でした。

「帰宅したらアレやろコレやろ」と思うのに、帰宅したら何もしたくない状態に。

別に元気がない訳じゃないよ?普通だよ?

気力が無いのも普通っちゃ普通。

というか、僕は人からどういう人間だと思われてるんだろうなあ。

バイト先では、「ゆとり」「草食系」「もやし」「マジメくん」と思われているようです。

僕の偏見かもしれないけれど、上のイメージって悪いイメージだよね。

ゆとり→世間知らず、精神的に脆い、怒られたことない
草食系→生物として論外、ヘタレ、弱者
もやし→力が無い、貧弱、頼りない
マジメ君→視野が狭い、頭でっかち、応用が利かない、機転も利かない


まぁ事実です。すべて事実ですよ。

そりゃあもう。

さらに付け足すなら、「マジメ系クズ」「コミュ障」「抑鬱傾向」「ネトウヨ」等々、まぁ碌でもない奴だってことは自分でよく分かっているつもりです。

しかし、自分で思うのと他人から思われるのでは全く意味が異なります。

僕が自分で分かっていることでも、他人に指摘されるとギョッとします。

それは、「僕が分かっている」と知ったふりをしているだけなのかもしれませんね。

指摘された内容も、結局何週間もすれば忘却しますけどね。



僕は他人からどう思われるかだけしか考えて生きていません。

それなのに、他人に良く思われないであろうと自覚している行動もとります。

それは個人である以上、仕方のない事なのかもしれません。

誰だって嫌な物は嫌だしね。酒とかさ。


我が道を行くならそれで良いのでしょう。

むしろ、それが自分にとって良い事なのでしょう。

それで嫌われることもありますが、それで好かれることもあるのですから。


逆に、僕のように人の顔色だけを窺って、己を持っていない者。

そういう人間は、誰からも嫌われないし、誰からも好かれないのでしょう。

さらには、嫌いな人間に嫌いと言えず、好きな人間に好きと言えないのです。



「好き」の対義語は「嫌い」ではなく「無関心」だという話があります。

これは僕自身、あまり当てはまるものではないなと思ったりもしますが、完全に間違いというわけでも無いとも思うのです。

理由を結論ありきで考えてみると、意外と答えのような気がします。


「好き」も「嫌い」も感情です。

数直線で表すなら、好き=1、嫌い=-1。

距離としては対極に位置してますから、好きの反対は嫌い、ですね。


しかし、感情はエネルギーです。エネルギーはそれだけでは存在しえません。

つまり、「好き」も「嫌い」もエネルギーとしては同じ1、絶対値は同じなのです。

そして「無関心」はゼロ。

好きも嫌いも、エネルギーが無くなればやがてゼロに収束する。

そしてその流れは不可逆で、水が高きから低きに流れるのと同じなのです。


だから、「好きの反対は嫌いではなく無関心」だというのも、正しくは無いけれど間違いでもないと思う訳です。

これを正すなら、「好き嫌いの対義語が無関心」だと謂えるでしょうね。


僕は人に嫌われないように生きてきました。

もやしっ子で、力もなく、体力もなく、喧嘩もできず、強い味方も居ない。

そんな子供がイジメられないようにするには、そうする以外になかったのです。

いつも他人と同調するしかなかったのです。


そうして長い間かけて、骨の髄まで下衆根性が染みついた今の僕。

それ自体は別に結構です。

そりゃあ、「性格がこうだったらなあ」と思うことはありますが、どんな性格の人間だって同じことを思うものです。


しかし、「意味が無い」とは思います。

好かれる人は、スッピンでも好かれます。

嫌われる人は、努力しても嫌われます。


結局、僕が人から嫌われないように取り繕ってきたすべては、「もしかしたらそうしなくても済んだかもしれない未来」を含んでいる可能性があるということ。

「人に好かれる」と「人から嫌われない」は、似てるようで、意味は大きく違う。

人に嫌われないからといって、好かれるわけではない。

「人に嫌われる」と「人に好かれない」も同じ。好かれないから嫌われるわけではない。

上の例でいくと、好きも嫌いもエネルギーはイチ。好かれず嫌われもしないのは、エネルギーはゼロ。


僕はマイナスを捨てる努力をした代わりに、プラスまで捨てたというだけの話なのかもしれません。

それでいて、人から好かれるというのは難しいことで、嫌われるというのは簡単で、単純に考えて、世の中には自分のことを好きな人間より嫌いな人間の方が多い。

結局、無駄な事をしただけだったのかもしれませんね。

まぁ、それはそれで良いのですが。



ではまた。

関連記事
スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 23:06:27│ コメント: 0件トラックバック: 0件
>>コメント:
>>コメント:を書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
>>トラックバック:
●この記事へのトラックバック URL

●この記事へのリンクtag
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。