スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.04.12(木)

217 750k9

はい。

お久しぶりです。

ストレスの所為か分かりませんが、最近なんだか食う量が増えました。
いや、食える量ですね。

茹で過ぎたパスタ、こんなに食べれないよ、と思っていたらペロッと食べれちゃう。
まぁそれでも節度を持ってというか、過食にならないように自分でコントロール出来ているのでさしたる問題はないのですが。
これがコントロール出来なくなったら過食症ですね。太るんだろうな。
今のところ問題なし。

それと散財が。
まぁそれも大した金額ではないのですが、「欲しいものは買え」とささやくのです、私のゴーストが。


バイクを買おうとネットで中古車を漁ってはいるものの、それもいつになるのか。
個人的にはGSX-R750 K9型、GSX-R1000 K10型が欲しいですね。
買えるのですが、気に入った色が果てしなく出てこない。希少なんですね。

現実的に考えて1000ccもの排気量は持て余すだけなのは分かっているのですが、750という微妙な排気量というのも気になる。
いや、実際に跨ったのは750のみで、軽い上にとても足つき性が良かったのでかなり本命なのですが。

750だってカタログスペックは150PSもあって、メーター読みでは299km/hという尋常じゃない性能なのです。
むしろこれくらいが良いのでしょうね。
実際の馬力は120PS程度ということですが、十分すぎます。


GSX-R750。良いですね。
1000に比べると20万円くらい安いというのも魅力。
1000はその化物っぷりに反して、750から数キロしか重くなっていないので、取り回しは750と同程度でしょう。
旋回性は600が最高として、1000は加速力ですから、750は悪い言い方をすれば微妙。でも逆に言えば「いいとこどり」なんですよね。バランスは最高とよく聞きます。

もはやSSタイプで750を出してるのはスズキくらいのもので、実に実用的でファンも多いと思うのですが。
つまり、今言ったように、「1000じゃ速すぎる、600じゃピーキーすぎる」という層に。

600は各メーカーのレースベース車なので、ピーキーなのは各メーカー同じです。
超高回転型でバランサーがないので、街乗りでの快適性は望めません。低速トルクも薄いです。

1000もレースベースですが、余裕のある排気量のため、そこまでエンジン特性を過激に仕上げなくても良いのです。
しかし速い。1300ccもなくたって300キロくらいは出るでしょう。

750は600ベースの車体に、バランサーが追加されたり出力特性を変化させたり出来ます。
600からの重量増加分は2キロほど。
それで150ccが単純に追加されるわけです。150ccといえば、600で言うと25%にあたります。こう考えると大きいですね。
したがって、より街乗りやストリート、或いはツーリングにも「使える」SSというわけです。

各メーカーとも、750出せばいいのに。
スズキの、「正常なる変態」モデルといえます。


やっぱり750がベストなんだろうなぁ。
狙って行きましょう。




ではまた。

スポンサーサイト
│posted at 22:23:34│ コメント: 0件トラックバック: 0件
2012.04.07(土)

215 売れちゃう

はい。

お久しぶりです。
先日から「バイク欲しい熱」がすごいことになってます。

実際にバイク屋を回って色々と見たり聴いたり跨ったりしてました。
が、どれも縁がないんだよなぁ。

買おうと思ったら「先ほど売れました」とかって。
あぅあぅ。


今は買うべきではないってことなんでしょうか。
人気のあるバイクばかり見てるというのは分かるのですが、好きな色とか妥協したくないじゃないですか。
それが無茶な要望だというのならともかく、純正仕様のカラーリングですからね。
ただ、タマが極少ないんですよ。

だからすぐに売れちゃうらしいです。

次に見かけたら即決するしかもう道はないと。
そういうことでしょうね。

おぉコワイコワイ。


ではまた。

スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 23:34:32│ コメント: 0件トラックバック: 0件
2012.04.03(火)

214 買うべきではない

はい。

風が強いですわね。
「台風であれば超大型」といわれているこの低気圧、日本海で発達したために「台風」とは呼ばないのです。
ハリケーンもタイフーンもサイクロンも、どれも似たような現象でも地域によって名前が変わるのです。

まぁそれは置いておきまして。
といっても他に話しもないのですが。

「バイクが欲しい」という話をここ最近してきました。
色々悩んだ結果、「レンタルバイクがあるじゃないか」という発想にたどり着きました。

スポーツ系かリッタークラスだと、
大体24時間で2万円ほど。
8時間で1.6万円ほど。

高いか安いかは個々の判断により違うと思います。
しかし100万円のバイクを買って、週に24時間乗れば54週でやっと元が取れる。

いや実際には保険代とか維持費がかかるから、もう少し乗らないと1年ではとても元は取れないです。
まぁ元を取る取らないという話ではないのですが。

週に1度も絶対に乗りません。
まず冬は乗りたくないだろうし、夏もちょっとげんなり。

月に2度ほどツーリングすれば良い方だと思うのです。
そうすると年に24回。50万円以下です。
これも高いか安いかはそれぞれでしょうけど。



とはいえ、自分で所有するのと借りるのでは根本的に違います。
まずカスタム。愛車となればカスタムするでしょう。売るときにはむしろ安くなりますが。
そして所有感。満足感というのは大切です。
きっとレンタル出来るバイクでも所有したくなっちゃうんだろうなぁ。

それって結構大きな違いなんですよね。
ギターだってそうですよ。
他人のギターとか借り物のギターだと、なんだかこう、スカっとしないんですよ。
まぁギターと比べるのもアレですが。

とにかく、「借り着は身に合わぬ」ではないけれど、借り着はどうしても遠慮してしまいます。
当然のことながら、大切に扱うのは借り物でも愛車でも同じ事なのですが。

遠慮というのはなにも行動だけではなくて、テンションとか、意欲とか、自信とか、そういった部分でも本来より低くなってしまうと思うんですよね。

レンタルバイクだと早朝ツーリング出来ないし。
ガソリン満タン返しだし。近くにあればいいんですけど。なかなかそういうわけにも行きません。


そんなことは全部分かっていても、欲しいんですよねぇ。不思議です。
しかし色々考えれば考えるほど、「買うべきではない」という点が浮き彫りになってゆく。
それと反比例して上昇してゆく「欲しい度」。


悩めば悩むほど泥沼。
買うべきではない、買うべきではない、買うべきではない。


しかしライジャケは買ってしまった!カッコイイやつ!革のやつ!
メットもグローブも無いのだから、買うしかない。
そうしたらバイク!ってのが道理ですよね。

だが!

買うべきではないッ!



そういうことです。

あと2年間くらいはレンタルバイクで我慢しましょう。

ハヤブサよ。待っておれ。





ではまた。
スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 23:45:40│ コメント: 0件トラックバック: 0件
2012.04.02(月)

213 コレといったバイク

はい。

本日もバイクの話。

僕は欲しいものは必ず手に入れてきました。
それは努力ではなく、というよりも計画を立てて、資金繰りをして、チャンスを見つけて、手に入れてきました。

僕の欲しいバイクはなんだろうか?
無いのなら、買わなくて良い。

考え方は至ってシンプル。
「なんでも好きなバイク買っていいよ」
ということ。

実際に買うかどうかは別として、そういう前提だとしたらどうか。
バイクは基本的に高くても150万円程度で、車と違ってその辺は自ずと決まってくる。

しかしそう言われても「コレ!」となんてきっぱりと決められない。
そういうバイクが無い限り、きっと愛せないんじゃないだろうかと思う。

僕は体型がガリガリで貧弱だから、中型でも扱うのが難しい。
でもそれは、確かにそうなんだろうけれど、こと大型になれば車重は200キロはまず超えるし、250キロは普通。
もはやそれほど重い二輪車に、多少の力の優劣なんてのは殆ど関係がないのも確か。

あとは体格という問題は大きいファクターではあるけれど、僕は一応170センチくらいはある。
周りのみんなを見ると大きいとはお世辞にも言えない。
でもそれがバイクに乗れない理由にはならない。

それともう一つ。
僕は腰痛持ちということ。
ヘルニアとかではなくて、腰の筋肉(腱?)が弱いらしい。
背筋の筋力は普通にあるものと思っていたけれど。
むかし背筋の筋力を荷重計で測ったら、150キログラムと出た。
普通の人くらいにはあるはず。

だから、前傾姿勢の強いバイクには長時間乗れない。
ハヤブサは無理だと思う。とても欲しいけれど。
ネイキッドか、アメリカンか、クラシック。

アメリカンは却下。
クラシックは嫌いじゃないけど、おっさんになってからで良い。
ネイキッドは、CB750Fはカッコイイ(昔はSSに近かったけど)。
ボルドールは良いよね。

「所有したいバイク」「乗ってみたいバイク」は沢山あるけれど、「伴侶にしたいバイク」というとこれがなかなか見つからない。

僕は何がしたいのか?



よく分かっていません。

やりたい事は、出来るうちに。
それならば、今すぐにでも。



ではまた。


スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 00:08:59│ コメント: 0件トラックバック: 0件
2012.03.31(土)

212 バイクのことで悩む

はい。

気がつけば貯金がこんなに。

そんなときは嬉しいですよね。
でも考えてみれば、それは自分が貯めてきたもので、使わなかったのもまた自分。

逆に、とっても高いものを買った時にはちょっぴり後悔することもあります。
それを使わなかったときには尚更です。

お金は使うためにあります。
そう考えると、貯金というのは放出するためにあるわけです。
ずっと貯めこむだけの貯金には意味がないことになります。
寧ろ、度が過ぎれば経済に悪い影響を与えます。


僕は貯金が好きです。趣味といっても過言じゃありません。
日々倹約して、貯金してます。
しかしながら、その貯金で買うものは特に在りません。
ただ貯めているだけです。

趣味に意味はないというけれど、これではもっと意味がない。
「いざという時」の為といえばそうですが、それなら手元に幾らかの金を残しておけば良いわけです。
いざという時で、そんなにバイクが買えるくらいの金を使うことなんて、ほぼ有り得ないといってもいいでしょう。



そうなのです。
バイクのことで悩んでいるのです。

ヘルメットが14年前の物を未だに使っているのですが、ソレに気づいてさすがに怖いので、色々とネットで物色していたのです。
良いヘルメットは見つかったのです。

しかしついでにジャケットも買っておこうということになりました。
良いジャケットが見つかったのです。

ついでに夏用のグローブも買っておこうということになりました。
良いグローブが見つかったのです。


バイクが250のモタードってのは味気ないなあ、って思ってしまったのです。
おそらくこのサイズのこの車種というのは、日常や足では最高の選択だと思います。
しかし味気がない。

この味気というのは恐ろしいもので、ことバイクにおいては、快適性よりも重要視されることもあります。
快適性で言えばスクーターの運転姿勢ほど楽なものはないのに、世の中のバイク好きはみな不便な大きいバイクに乗っています。
それがバイクなんですね。


僕はどうでしょうか。
とても悩んでおります。
こうして悩んでいる時間がとても楽しいのですが、心苦しくもあります。


CB750Fかハヤブサか!


あぁおかしくなりそう。




ではまた。




スレッドテーマ:日記というか、雑記というか… ジャンル:日記
│posted at 23:33:41│ コメント: 0件トラックバック: 0件
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。